JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





商品詳細

76 年5月、スタン・ゲッツ・カルテットの未発表音源!! クールで端正, かつパッションも溢れる演奏と, 哀愁のバラード・・ 同時発売の『ゲッツ/ジルベルト76』と対をなすリリース!

★ 76 年5月、サンフランシスコの名門クラブ、キーストン・コーナーで行われた、スタン・ゲッツ・カルテットの未発表ライブ音源を収 録した貴重なリリース!!

★同11日〜16 日のライブでは、ボサノバの巨匠ジョアン=ジルベルトを迎えたセットもあり、その音源は『ゲッツ/ジルベルト' 76』と いう形になって同時に作品化(HCD2021)されますが、こちらは、インストのカルテット・ヴァージョン。

★ 70 年代のゲッツと言えば、コロムビアの作品群を振り返ればわかるように、実に多彩。リターン・トゥ・フォーエヴァーを結成した直 後のチック・コリア&スタンリー・クラーク、そしてトニー・ウィリアムス、アイアート・モレイラといったメンバーをバックにしたクロス・ オーヴァーな作品『Captai n Journey』あり、スヌーピーのジャケットでもおなじみ、ラロ・シフリンとの共演を記録したライト・タッ チな『Children Of The World』あり、ジョアン・ジルベルトと再会したセッション作品『The Best Of Two Worlds』あり、そして、ジ ミー・ロールズの名曲をタイトルにした『The Peacocks』・・など、その活動は、“混沌”と表現する人もいる多様さを見せます。

★しかし、後のコペンハーゲン、カフェ・モンマルトルのパフォーマンスしかり、ライブのゲッツは別の顔。ここでのゲッツも“ザ・ジャズ!” と言えるカルテットの演奏。ジョアン・ブラッキーン、クリント・ヒューストン、そして、ビリー・ハートといったトリオをバックにした演奏 はいい意味で50 年代〜のクール・ジャズの美学がみなぎる演奏の数々。そして、ライブならではの熱さが魅力的です。乱れなく、どこ を切り取っても歌心が響く美しいフレージングを、時には青白く燃える炎のようなパッションを込める力強さを見せる演奏は、正にラ イブならではであり、この時期のスタン・ゲッツの姿を生き生きと伝えてくれます。

★一方、60 年代の経験からカルロス・ジョビン&ヴィニシウスによる“O Grande Amor”のようなボサ名曲も一曲披露。サウダージが にじむサックスは、正にゲッツ・ワールドの真骨頂ですし、またホレス・シルヴァーの至高の名バラード“Peace”も、ビブラートをかけ た音に哀感が滲んで印象的です。

★数々のおなじみのスタンダード・ナンバーが奏でられた名ライブ。『ゲッツ/ジルベルト76』と対で聴きたい一作です!

*未発表写真、当時のエピソードを盛り込んだ28 頁英文ブックレットを収録。

*なお、こちらの作品のアナログ盤発売は、現状、予定がございません。

Stan Getz(tenor saxophone), Joanne Brackeen(piano), Clint Houston(bass), Billy Hart(drums)

1. Summer Night (Harry Warren & Al Dubin) 9:21 2. O Grande Amor (Antonio Carlos Jobim & Vinicius de Moraes) 6:46 3. Infant Eyes (Wayne Shorter) 7:53 4. The Cry of the Wild Goose (Kenny Wheeler) 6:32 5. Peace (Horace Silver) 5:13 6. Con Alma (John Birks Gillespie) 12:26 7. Prelude To A Kiss (Edward Kennedy Ellington, Irving Gordon & Irving Mills) 5:34 8. Morning Star(Jimmy Rowles & Johnny Mercer) 9:03

1976 年5月11〜16日 サンフランシスコ, キーストン・コーナーでのライブ録音
Recorded live at Keystone Korner, San Francisco, May 11-16, 1976

(RESONANCE/USA)日本語帯、解説付 (2016年3月10日発売)


STAN GETZ / Moments in Time [digipackCD] (KING.INT/RESONANCE)[御予約商品]

販売価格: 1,800円 (税込)
数量: