JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!






ホーム新着入荷アイテム(CD)ERIC INEKE(ds) / Let There Be Life, Love and Laughter [CD] (DAYBREAK)
商品詳細

◆エリック・イネケは数多くのジャズ巨人と共演してきた、オランダの正統派ベテラン・ドラマー。今作はイネケの70 歳の誕生日に 作られた、1968 年から2014 年のキャリアの中から8 曲選んだもの。その中の6 曲(2、8 曲目以外)が未発表テイク!!ほぼ全ての トラックが、テナーの名人がフロントのワンホーン・カルテット(5 曲目のみ、2 テナー、ピアノレスのカルテット)で、各人のファンに は嬉しい発掘盤だ。

◆1986 年にこの世を去ったエディ“ロックジョウ”デイビスの1984 年の晩年のライブ録音、ラッキー・トンプソンが最も精力的に 活動していた1960年代の貴重なライブ録音、ジョニー・グリフィンにクリフォード・ジョーダン、現在も第一線で活躍するデイヴ・リー ブマン、そしてこの中では最も若いグラント・スチュワートとの最近の録音など、どの音源も重要、かつ、イネケのこれまでのキャリ アを大いに感じることができるラインナップだ。

◆今作には、リーブマンによるライナーノーツが書かれているが、そこには、「エリック・イネケがドラムなら、必ずスイングする!」と あり、どれだけ信頼されているかが伺える。

◆1曲目はエディ“ロックジョウ”デイビスとの“Body And Soul”で、豪快なブローからエアリーな色気たっぷりの音色まで巧みに 操るロックジョウと、それに応えるように、ときに繊細に、ときに力強く叩くイネケ!初っ端からの快演で期待が高まる。2 曲目は デクスター・ゴードンとの“Stabl emates”で、絶好調なデクスターのリズミックなアプローチにすかさず反応し一気に盛り上げるイ ネケは、さすがデクスターのお気に入りだ。3 曲目“Wee”は“I Got Rhythm”と同じコード進行を用いたファスト・スイング!!この 超高速の中で豪快にブローしながらもユーモアを忘れないジョニー・グリフィンはお見事!!

ピアノとイネケのバッキングの息の合 い様も凄い。4曲目は2013年、5曲目は2014年とかなり最近の録音だが、イネケの勢いは増すばかり。6曲目はクリフォード・ジョー ダンのオリジナルで、ミディアム・スイングの曲だが、常に4 ビートで前に前に行くプレイではなく、ゆったりとしたビートでリラック スした演奏。7 曲目はラッキー・トンプソンとの“Lady Bi rd”は1968 年のライブ録音で、これがこの中で一番古い演奏。最後8 曲 目のジョージ・コールマンがとにかく熱い!コールマンが参加したマイルスの、『フォア&モア』でも収録されている“Walkin'”という 選曲もいい。

◆イネケは2012年に、リーブマンと共に“The ul ti mate Si deman”という本を出しているが、このタイトルは、リーブマンによるイ ネケを表した言葉だそう。オランダのジャズ・シーンだけでなく、数々のジャズ巨人のオランダ及びヨーロッパ・ツアーを支え続けて きたイネケは、正に“究極のサイドマン”だ。

1. Body And Soul (Johnny Green) Live Recording: October 24, 1984. Location: De Spieghel, Groningen, The Netherlands Eddie “Lockjaw” Davis(ts), Rein De Graaff(p), Koos Serierse(b), Eric Ineke(ds)

2. Stablemates (Benny Golson) Live Recording: November 2, 1972. Location: De Haagse Jazzclub, The Hague, The Netherlands Taken From The Lp: All Souls, Dexterity (St-1-001) Dexter Gordon(ts), Rob Agerbeek(p), Henk Haverhoek(b), Eric Ineke(ds)

3. Wee (Denzil Best) Live Recording: September 16, 1990. Location: De Brouwershoek, Leeuwarden, The Netherlands Johnny Griffin(ts), Rein De Graaff(p), Koos Serierse(b), Eric Ineke(ds)

4. Bye, Bye, Blackbird (Ray Henderson & Mort Dixon) Live Recording: May 17, 2013. Location: Bimhuis, Amsterdam, The Netherlands Grant Stewart(ts), Rob Van Bavel(p), Marius Beets(b), Eric Ineke(ds)

5. Let There Be Life, Love And Laughter (Kurt Weill) Live Recording: November 20, 2014. Location: De Singer, Rijkevorsel, Belgium David Liebman(ts), John Ruocco(ts), Marius Beets(b), Eric Ineke(ds)

6. Prayer To The People (Clifford Jordan) Radio Recording: October 12, 1983. Location: Ncrv Radio Studios, Hilversum, The Netherlands Clifford Jordan(ts), Rein De Graaff(p), Koos Serierse(b), Eric Ineke(ds)

7. Lady Bird (Tadd Dameron) Radio Recording: November 22, 1968. Location: B14, Rotterdam, The Netherlands Lucky Thompson(ts), Rob Madna(p), Ruud Jacobs(b), Eric Ineke(ds) 8. Walkin' (Richard Carpenter) Live Recording: April 19, 1974. Location: Hot House, Leiden, The Netherlands (※オリジナルのジャケットには録音日が1974年4月9日と記載されている) Taken From The Cd: On Green Dolphin Street, Blue Jack Jazz Records (Bjjr 036) George Coleman(ts), Rob Agerbeek(p), Rob

Langereis(b), Eric Ineke(ds) (DAYBREAK/USA)


ERIC INEKE(ds) / Let There Be Life, Love and Laughter [CD] (DAYBREAK)

販売価格: 2,300円 (税込)