JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホーム新着入荷アイテム(CD)WOODY SHAW / Live In Bremen 1983 [digipack2CD] (ELEMENTAL MUSIC)
商品詳細
ウディ・ショウ=注目の未発表音源続々!
83 年1 月18 日ブレーメン,レギュラー・クインテットからスティーヴ・トゥーレが抜けたカルテット
覇気にあふれたワン・ホーン/4 人の演奏!!

このところウディ・ショウの未発表演奏が続々と発掘されています。これもまたそのひとつで、1983 年1 月のブレーメ
ンでのライヴ演奏を収録したアルバム。この時期ウディのグループは、スティーヴ・トゥーレ、マルグリュー・ミラー、スタッフォード・ジェームス、トニー・リーダスという不動のメンバーで活動を続けていました。

 このクインテットは83 年1月1日にボローニャで『Time Is Right』(Red)を録音していますが、その17日後となるブレー
メンのステージにスティーヴ・トゥーレの姿はなく、ウディのワン・ホーン・クァルテットによる演奏となっています。理由は不明ですが、スティーヴ・トゥーレは、この後1985 年まで一切誰のレコーディングにも参加していません。そして、残った4人によるウディのクァルテットもブレーメンを最後に解散。以降ウディはレギュラー・バンドを長きにわたって持つことはありませんでした。

 ただし、ウディ最後のリーダー作『Imagination』(Red, 1987年録音 )ではウディとスティーヴは再会しています。ブレー
メンでの演奏は、スティーヴの不在をカヴァーしようとしているためか、4 人の演奏はいつも以上にアグレッシヴで覇気に
満ちており、ウディにとってお馴染みの曲がとても新鮮に響きます。

Woody Shaw(tp, flh), Mulgrew Miller(p), Stafford James(b), Tony Reedus(ds)

Recorded live at Post Aula, Bremen, Germany, January 18, 1983.

CD1
1. You And The Night And The Music (14:30)
2. Rahsaan’s Run (13:43)
3. Eastern Joy Dance (15:49)
4. Pressing The Issue (11:06)
5. The Organ Grinder (12:49)
TT: 67:57

CD2
1. Katrina Ballerina (13:42)
2. Diane (10:14)
3. 400 Years Ago Tomorrow / The Theme (11:08)
4. Sweet Love Of Mine (9:36)
TT: 44:39

(ELEMENTAL MUSIC/EU)

WOODY SHAW / Live In Bremen 1983 [digipack2CD] (ELEMENTAL MUSIC)

販売価格: 2,700円 (税込)
数量: