JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホーム日本のジャズ12/19発売 正統派ギタリスト畑ひろし / Door To Door [CD] (KANEHA)
商品詳細
心地よいスイング感、厚みのある音色。ニューヨークのミュージシャンと繰り広げるセカンドセッション!

関西を拠点に活躍するスイング系バップギタリスト、畑ひろしの「イントロデューシング」に続く、2枚目のリーダー作。  

彼が目指すところは心地よいスイング感を伴った、モダン・スイングとも言える世界である。
デビュー作同様10年来の友人でもあるルイス・ナッシュ(ds)、ピーター・ワシントン(b)というニューヨークでもとびっきりの腕達者が、さらに数曲では新たにレイ・ドラモンド(b)が参加している。
単なるノスタルジックなものではなく、しっかりと今の息吹を感じさせる作品。彼の演奏スタイルは、自作のジプシー・スイング的なものからアーシーなブルースまで守備範囲は広く、シンプルながら心に響くナチュラルな良い演奏を聞かせてくれる。

畑 ひろし (guitar)
RAY DRUMⅯOND (bass)
PETER WASHINGTON (bass)
LEWIS NASH(drums)

1. Air mail special2. Door to door3. How about you4. Stairway to the stars5. Tickle toe6. Volare7. Embraceble you8. Honky tonk9. Autumn in New York10. The fish in Chelsea

Recorded 2001年9月13,17日 ニューヨーク録音

(KANEHA/JAPAN) (2018年12月19日発売)

*畑 ひろし 
HATA HIROSHI (guitar)1959年3月2日生まれ。大学在学中よりジャズ・ブルースに強く影響を受け、多くのアマチュア・プログループに参加。
1998年、ニューヨークにてルイス・ナッシュ(dr)ピーター・ワシントン(b)と1st.CD「イントロデューシング」をレコーディング。
理想のギタートリオを実現させた。以降、同メンバーで2nd.CD「ドアトゥ ドア」3rd.CD「ブルース・ウォーク」を発表。2002年「第十回中山正治ジャズ大賞」プロフエッショナル部門を受賞。独自のフィーリングを持った彼の演奏スタイルは、海外のミュージシャンにも定評がある。

12/19発売 正統派ギタリスト畑ひろし / Door To Door [CD] (KANEHA)

販売価格: 2,000円 (税込)