JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホーム新着入荷アイテム(CD)ピアノ・トリオ ALAN BROADBENT TRIO / New York Notes [CD] (SAVANT RECORDS)
商品詳細

■ 1947 年生まれ、ニュージーランド、オークランド出身のアラン・ブロードベント。 ディスカヴァリー・レーベル等からピアノ・トリオ作品等を続々と発売し、日本でも 人気のピアニストである。ナタリー・コールやダイアナ・クラール、ポール・マッカー トニー等、数多くのシンガーの作曲や編曲でも有名。最新ピアノ・トリオ・アルバムが Savant レーベルから登場。

■本作はアラン・ブロードベントの自宅にあるプライベートスタジオで2018 年に録 音された音源。ボストンのバークリー音楽大学時代からの友人であるベーシストの ハービー・S と、LA 時代にプレイをしていたドラマーのビリー・ミンツと気心の知れあった同年代の三人が円熟した息の あった演奏を展開している。

■収録曲はブロードベントのオリジナル3 曲を含む全9 曲。オープニングにふさわしい軽快な4 ビート“Clifford Notes”は 文字通りクリフォード・ブラウンに捧げたオリジナル。続く2 曲目のジジ・グライスの“Minority”はブロードベントが影 響を受けたビル・エヴァンスのアルバム「Everybody Digs Bill Evans」のオープニングに収録されている曲。

他にも珠玉の バラード曲“ I Fall in Love Too Easily”や“On a Misty Night”等、まさにブロードベント節が満載である。「息の合った三 人のテレパシーに近いコミュニケーションがこのセッション全体にわたり幅広い感情や、優美さ、素朴さ、ソウルフルさ、 そしてちょっとしたブルースフィリーングのヒントを与えたりと、自然の成り行きで録音されたご機嫌なアルバムに仕上 がった。」と語るブロードベント。

■レコーディング・エンジニアもハービー・S が務め、まさにブロードベントの音を知り尽くしたサウンドに仕上がってい る。オーソドックスなプレイスタイルを好むピアノ・トリオ・ファンに特にお勧めしたい作品です。

Alan Broadbent (p), Harvie S (b), Billy Mintz (ds)

Recorded at RVS Studio in April and November 2018

1. Clifford Notes 8:44 2. Minority 8:18 3. I Fall in Love Too Easily 7:10 4. Continuity 8:32 5. Crazeology 5:09 6. On a Misty Night 5:40 7. Waltz Prelude 6:28 8. 317 East 32nd Street 4:39 9. Fine and Dandy 7:38

(SAVANT RECORDS) 


ピアノ・トリオ ALAN BROADBENT TRIO / New York Notes [CD] (SAVANT RECORDS)

販売価格: 2,200円 (税込)