JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホーム輸入CD&DVD入荷予定!LAFAYETTE HARRIS JR.(ラファヤッテ・ハリス・ジュニア) / You Can’t Lose with the Blues 10%込 [CD] ] (SAVANT RECORDS) 「
商品詳細
ベテラン・ピアニスト、ラファイエット・ハリスJr.の最新作
ピーター・ワシントン(b)、ルイス・ナッシュ(ds)の完璧なサポートを得たピアノ・トリオ作プロデュースはヒューストン・パーソン、ルディ・ヴァン・ゲルダースタジオでの録音オーソドックスなピアノ・トリオ・ファンにお勧めの1枚

ベテラン・ピアニスト、ラファイエット・ハリスJrの最新作、ピーター・ワシントン(b)、ルイス・ナッシュ(ds)が参加したオーソドックスなピアノ・トリオ作品。

1963年生まれ、フィラデルフィア出身,ボルティモアで育ち,現在はNYブルックリン在住。彼のソウルフルな演奏スタイルは幼少時代に教会音楽からスタートし、リズム&ブルースバンドやファンクバンドに所属したことによるもの。作曲家、プロデューサー、アレンジャーでもあるラファイエットはケニー・バロンやバリー・ハリス,そしてブギウギの王様として知られるサミー・プライスらに師事している。マックス・ローチが亡くなるまで彼のバンドでレギュラーピアニストを務め、多くのジャズメン達と交流した。ここ数年はサックス奏者のヒューストン・パーソン・カルテットのレギュラーメンバーとして活躍している。

本作はヒューストン・パーソンがプロデュースを務め、昨年(2018年)の5月、ニュージャージー、イングルウッドクリフスのルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオで収録された。収録曲は全12曲、3曲がラファイエットのオリジナル曲。"You Can't Lose With The Blues"は2014年に発売され、自身も参加しているヒューストン・パーソンのリーダー作「The Melody Lingers On」のエンディング曲に収録されているラファイエットの作品のブルースナンバー。他にもスタンダード曲を中心に全曲でブルースフィーリングが満載のラファイエットのプレイを聴くことができる。"Please Send MeSomeone to Love"のピアノソロ演奏もソウルフルである。

長い間トミー・フラナガンのレギュラートリオで活躍していたピーター・ワシントンとルイス・ナッシュのサポートも光る。長い間ルディ・ヴァン・ゲルダーのアシスタント・エンジニアを努めていたモーリン・シックラーの優秀録音にも注目である。オーソドックスなピアノ・トリオ・ファンにお勧めの一枚です。

Lafayette Harris Jr. (p), Peter Washington (b, except track 11), Lewis Nash (ds, except tracks 5 & 11)
Recorded at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ on May 3, 2018

1.He’s My Guy 3:26
2.I Love You Yes I Do 4:10
3.Blues for Barry Harris 5:03
4.Don’t Let the Sun Catch You Crying 4:20
5.Ev’ry Time We Say Goodbye 4:55
6.Things Ain’t What They Used to Be 3:28
7.Love Me in a Special Way 5:33
8.Bloomdido 3:34
9.You Can’t Lose with the Blues 6:42
10.Wonder Why 5:15
11.Please Send Me Someone to Love 5:31
12.The Juicy Blues 5:05


(SAVANT RECORDS/INTERNARIONAL) (2019年12月中旬入荷予定)

LAFAYETTE HARRIS JR.(ラファヤッテ・ハリス・ジュニア) / You Can’t Lose with the Blues 10%込 [CD] ] (SAVANT RECORDS) 「[御予約商品]

販売価格: 2,200円 (税込)
数量: