JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





商品詳細

1980年、花形トランペッター、フレディ・ハバードの未発表ライブ音源が登場!!!
メンバーには、近年、ファラオ・サンダースとの共演盤が大ヒットし、一躍注目度をあげたスピリチュアル・トロンボーン奏者、フィル
・ラネリンも参加。
60 年代は、ブルー・ノートで数々の華麗で、スリリングな演奏を聴かせ、70 年代は、CTIレーベルを皮切りにブラックネスな演奏を
聴かせたハバード。ここでは、その両面の演奏が炸裂!しています。
90 年代は美的なピアノを弾く人、というイメージともなったビリー・チャイルズもこの80 年には、マッコイ・タイナー譲りのブロッ
ク・コードでモーダルな演奏、そして、ローズの音では、スピリチュアル度満点のソロも聴かせます。特に、三管の音が分厚く響く
M-2、4 は、メンバーのパッションが火花を散らし、コンポジション、またグルーヴするベース・ラインなど、ブラック/ソウル・ジャズ
のファンの方のツボを刺激してやみません!!
一方では、ミッシェル・ルグランによる映画音楽の名曲M-5『(思い出の夏』のテーマ)のようなバラードも演奏。ハバードの様々な
顔が見えます。
同年9月には、ビル・エヴァンス最晩年の一週間公演が行われたサンフランシスコの同クラブ”キーストン・コーナー”での貴重な
記録。なお、本Resonance Recordsでは、このフレディ・ハバードを皮切りに、本年、様々な歴史的な記録がリリースされるとのこと。それらへの期待も高まります!!(INFOより)

Freddie Hubbard - trumpet, flugelhorn
Billy Childs - piano,
Rhodes Larry Klein - bass
Phil Ranelin - trombone (1-4, 6, 7)
Hadley Caliman - tenor saxophone (3, 6, 7)
David Schnitter - tenor saxophone (1, 2, 4)
Eddie Marshall - drums (3, 5, 6, 7)
Sinclair Lott - drums (1, 2, 4)

1. The Intrepid Fox (F. Hubbard) 8:02
2. First Light (F. Hubbard) 10:13
3. One of Another Kind (F. Hubbard) 12:26
4. Happiness is Now (F. Hubbard) 7:11
5. The Summer Knows (F. Hubbard) 8:28
6. Blues for Duane (F. Hubbard) 9:18
7. Giant Steps (F. Hubbard) 8:45
(RESONANCE)  

 試聴はここから


FREDDIE HUBBARD /Pinnacle, Live and Unreleased: From Keystone Korner [CD] (RESONANCE) [御予約商品]

販売価格: 1,800円 (税込)
数量: