JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





商品詳細

♥話題必至!ビル・エヴァンス・トリオ、完全未発表音源の登場です。
♥ 1968 年10 月23 日NYのヴィッレッジ・ゲイトの「階上」(2 階に)あったトップ・オブ・ザ・ゲイトでのライブを余すところなく完全収録。しかも曲順もライブで演奏されたそのままに収めたこの復刻は、ファンの心をとらえてやまないはずです。
♥いうまでもなく、演奏は素晴らしいの一言。曲目を見ておわかり頂けるように、演奏されたのは、ビル・エヴァンス・スタンダードとも言うべき楽曲揃い。“エミリー”をオープニングに、のべ17 の曲にあえて説明は不要とも言える構成であり、詩的でリリカル、どこを切ってもビル・エヴァンスの実にビル・エヴァンスらしい演奏を聴くことができます。
♥メンバーは、スコット・ラファロ亡きあとを継ぎ、11年間もの長きにわたって重責を見事に果たしたエディ・ゴメス、そして、マーティ・モレル。そうです、本トリオは日本人が待ちに待ち望んだビル・エヴァンス初来日公演(73 年)のメンバーであり、68 年の録音はその後7 年に及ぶことになるレギュラー・トリオの原点、出発点であるわけです。そこには、トリオ結成初期ならではの、またはライブならではの、テンポの走りなどもありますが、そうした“生”な感じは正にジャズであり、エキサイトしたパッションの証でもあるというものです。
♥もちろん、テーマとソロの美しい展開は言うまでもなく、また、『ポートレイト・イン・ジャズ』の中でも超名演とされる“枯葉” におけるブロック・コードを使ったお馴染のイントロ、またシンコペーションを多用して美しくもスリリングなソロを展開する演奏は、これぞ、エヴァンス!と言えましょう。
♥ジャズ・ピアノ・トリオの粋が詰まった17曲!よくぞの復刻です!!

演奏はもちろんのこと、装丁も素晴らしいです。 *ジャケットはエヴァンスの横側を映した好デザイン! * 当時を物語るメンバーやトップ・オブ・ザ・ゲイトの写真の数々、当時のポスターも織り込んだ28 頁ブックレットCD。 *ライナー・ノーツには、エディ・ゴメス、マーティ・モレルといったアーティスト本人の言葉あり、他、プロデュース陣の言葉はもちろん、ナット・ヘントフ、ゲイリー・バートンらも解説、寄稿。当時の物語を蘇らせます。 *日本盤ライナー・ノーツは本ライブの3ケ月前、しかも同じトップ・オブ・ザ・ゲイトで実際にエヴァンスのパフォーマンスを見ている児山紀芳氏。このトリオの歴史に関する記述をはじめとし、ビル・エヴァンスの自宅インタビュー、日本での座談会での話題も織り込んでの書下ろしライナー・ノーツを執筆頂ける予定。他、今回も充実の訳を掲載いたします。

Bill Evans(p), Eddie Gomez(b), Marty Morell(ds)



Track List [ ]内はLPの収録面
[DISC ONE–Set 1]
1 Emily 4:50 [sideA]
2 Witchcraft 5:48 [sideA]
3 Yesterdays 5:13 [sideA]
4 Round Midnight 6:29 [sideB]
5 My Funny Valentine 4:48 [sideB]
6 California Here I Come 5:40 [sideB]
7 Gone With The Wind 7:01 [sideC]
8 Alfie 5:15 [sideC]
9 Turn Out The Stars 4:45 [sideC]

[DISC TWO–Set 2]
1 Yesterdays 4:50 [sideD]
2 Emily 5:13 [sideD]
3 Round Midnight 6:28[sideE]
4 In A Sentimental Mood 4:11 [sideE]
5 Autumn Leaves 5:37[sideE]
6 Someday My Prince Will Come 5:13 [sideF]
7 Mother Of Earl 4:24 [sideF]
8 Here’s That Rainy Day 5:18 [sideF]
Recorded live at Art D’Lugoff’s Top of the Gate October 23, 1968 by George Klabin

(RESONANCE)

【完全未発表!】 BILL EVANS / Live at Top of the Gate [2CD] (RESONANCE)[御予約商品]

販売価格: 2,400円 (税込)
数量: