JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホームヨーロッパWDR/JAZZLINE/TCB新入荷 レア音源LP&CDCHET BAKER / at Onkel Pö's Carnegie Hall Hamburg 1979[2CD] (JAZZLINE)
商品詳細

79 年チェット・ベイカー in ハンブルク フィル・マーコウィッツらを迎えたクァルテットによる演奏 30 分近くに及ぶ演奏でもアイディア豊かに繰り広げた チェット・ベイカーの好調ぶりも示す演奏!

Onkel Pö’s Carnegie Hall は、1970 年代から80 年代半ばにかけてハンブルク・ジャズ・シーンの中心を占めていた場所。

Jazzline の新シリーズは、そこで行われた著名ジャズ・ミュージシャンのパフォーマンスを発掘、紹介するもので、いずれも 2 枚組。

第1回のリリースはディジー・ガレスピーとチェット・ベイカーです。  

こちらの主役はチェット・ベイカー。チェットは、70年代半ばにCTIを舞台としてリーダー作やジム・ホールとの共演盤な どを発表、米国でも完全復活を遂げましたが、77 年のA&M録音『You Can't Go Home Again』はこの時期を代表する傑作と 高い評価を得ました。  

このアルバムに収められている「Love For Sale」は、ジム・ホール盤収録の「You'd Be So Nice To Come Home To」な どと同様、オールド・スタンダードに新しい命を与えた名演として知られていますが、ここに収められた79 年版「Love For Sale」も、77 年のヴァージョンを踏襲してフレッシュな演奏が繰り広げられています。

ここでチェットをバックアップしているのは、フィル・マーコウィッツ(p)、ジャン=ルイ・ラシンフォッス(b)、チャー リー・ライズ(ds)の3人。マーコウィッツは78年から数年間チェットのグループで活躍したピアニストで、レコーディング・ デビューから間もないとは思えない落ち着いたプレイぶりが印象的です。ラシンフォッスは、80 年代半ばまでチェットと行 動を共にしたベルギーのベーシストで、その後はクラウス・イグナツェクなどとプレイして話題を呼びました。ドラマーの チャーリー・ライスは、50 年代初頭にハワード・マギーのグループで活躍したビ・バッパーですが、エディ・ロックジョー・ デイヴィスのバンドで演奏した後、60年代半ばにチェットと出会い、彼のLimelight録音『Baby Breeze』にも参加しています。

その後の活動は殆ど知られていなかったので、このアルバムのリリースは貴重な発掘ということになります。  
クァルテットの演奏は全部で5曲。30分近くに及ぶものもあり、じっくりと4人のプレイを楽しむことができますが、とり わけリーダーのチェットは好調で、長いソロでもアイデアの尽きることがありませんし、この時期の彼が晩年(80 年代後半) のプレイとは明らかに異なる力強さと切れを持っていたことが良くわかります。(infoより)

Chet Baker(tp, vo), Phil Markowitz(p), Jean Louis Rassinfosse(b), Charlie Rice(ds)

Recorded April 2nd, 1979 at Onkel Pö's Carnegie Hall, Hamburg, Germany Recorded by NDR Hamburg

CD 1
1. Love For Sale (18:07) (SideA)
2. You Can't Go Home Again (13:26) (SideB) 
3. There'll Never Be Another You (16:30) (SideB)

CD 2
1. Black Eyes (27:51) (SideC)
2. Broken Wing (23:44) (SideD)

(JAZZLINE /GERMANY)


CHET BAKER / at Onkel Pö's Carnegie Hall Hamburg 1979[2CD] (JAZZLINE)

販売価格: 2,700円 (税込)
数量: