JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホーム輸入CD&DVD入荷予定!LARRY WILLIS(p) / I Fall In Love Too Easily〜The Final Session at RVG [LP]] (HIGH NOTE)
商品詳細
名ピアニスト、ラリー・ウィリスのラスト・レコーディング作最後の録音となった伝説のルディ・ヴァンゲルダー・スタジオは奇しくも初レコーディングで訪れたスタジオであったビクター・ルイス(ds)等のベテランが参加した超一級のハードバップ作品!

■本作は、ラリー・ウィリスの最後のレコーディングになったが、皮肉にも60 年間に及ぶジャズミュージシャンとしての最后のスタジオがラリーのアーティストとしてのキャリアを最初にスタートした場所、ルディ・ヴァン・ゲルダー・スタジオになっ
た。
22歳の時にBlue Noteレーベルのジャッキー・マクリーン『Right Now』にピアニストとして参加。アルバムにはラリーの2 つの楽曲「Poor Eric」と「Christel's Time」が収録されている。 その後RVGスタジオには何度も戻ってきて録音に参加してい
る。このベテランのピアニストを伝説のスタジオに連れ戻したのは、何か運命を感じます。

■本作の収録曲は9 曲。ベテラン・ドラマーのヴィクター・ルイスが参加、またフォート・アパッチ・バンドで長い間一緒にプレイしたジョー・フォード(as)の参加も運命的である。内容はラリーが得意とした超一級のハードバップ作品。特にラストトラックに収められアルバムタイトル曲にもなったピアノ・ソロ演奏の「I Fall in Love Too Easily」は感動的である。

■録音エンジニアは、モーリン・シックラー、ルディ・ヴァン・ゲルダーの意志を継いだ素晴らしい録音にも心が打たれる。他界するわずか1ヶ月前の録音、天井の高い自然のリバーブを生かしたサウンドがラリーの遺作に花を添えた。

Larry Willis (piano),
Jeremy Pelt (trumpet-tracks 1, 2, 4, 5 & 7), Joe Ford (alto saxophone-except tracks 5 & 8), Blake Meister (bass-except track 8),
Victor Lewis (drums-except track 8)
Engineered and mixed by Maureen Sickler

Recorded at Van Gelder Recording Studio, Englewood Cliffs, NJ, on September 5, 2019


1. Today’s Nights
2. Heavy Blue
3. Anna
4. Habiba
5. The Meaning of the Blues
6. Let’s Play
7. Climax
8. I Fall in Love Too Easily

(HIGH NOTE/USA) HCD 7326 (2020年5月下旬入荷予定)

LARRY WILLIS(p) / I Fall In Love Too Easily〜The Final Session at RVG [LP]] (HIGH NOTE)[御予約商品]

販売価格: 2,200円 (税込)
数量: