JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホーム輸入CD&DVD入荷予定!ピアノ・トリオ PABLO JUAREZ(パブロ・フアーレス) / Encuentros [CD]] (CLUB DEL DISCO)
商品詳細
2019年の来日公演の感動がよみがえる...。アルゼンチンはロサリオ出身のピアニスト、パブロ・フアレスの2021年作はピアノ・トリオ作品!

あの来日公演の感動がよみがえる...。アルゼンチンはロサリオ出身のピアニスト、パブロ・フアレスの2021年作はピアノ・トリオ作品!

フォルクローレのリズムを取り入れた音楽を演奏してきたパブロにとって、今回はかなりチャレンジングな方向性なのではないかと思わされるほどストレートなコンテンポラリー・ジャズへと向かった1枚です。
とはいえ日本での最終公演はピアノ・トリオ編成で行われたこともありましたし、当時から構想はあったのでしょう。また、尾山台Flussで演奏していたビートルズのカヴァー「Eleanor Rigby」も収録されています。美しいパブロのピアニズムがジャズというフォーマットで堪能できる新機軸の1枚!

Pablo Juárez - Piano
Jorge Palena - Contrabajo
Luciano Ruggeri - Bateria


1.Miradas
2.Otro amanecer
3.Siempre tu aroma
4.Encuentros
5.Episodios
6.Pescador y trenes
7.Eleonor Rigby


(CLUB DEL DISCO/ARGENTINE) (2021年4月下旬入荷予定)

試聴
https://diskunion.net/jazz/ct/detail/1008275582


【Pablo Juárez Profile】
1980年 アルゼンチン・ロサリオ生まれ。多方面の音楽グループで活躍していた父親の影響で、6歳の時バンドネオン奏者からフォルクローレの手ほどきを受け、8歳から音楽教育を学び、青年期にはコスキン音楽祭に3年連続出演。

パラナー川の河岸で過ごした子供の頃から、彼にとって音楽と自然は関連したもので、その風景は詩であり音楽であった。
南米諸国の音楽や北米のジャズやポップスにも影響を受け、様々な音楽を通して、音楽とは伝統的なものからコンテンポラリーまで、絶えず探求する道だということを学ぶ。
2007年よりブエノスアイレスを拠点にジャズ・フォルクローレシーンで活躍。Franco Luciani、Marcela Passadore、Miryam Quiñones、Georgina Hassan、Silvio Rodríguez、Jorge Fandermoleらとの共演や伴奏、25作品を超える録音参加、ドキュメンタリーTV『Uniendo Destinos』の音楽制作を手がける。

自身の名義初作品は2011年『Sumergido』、このアルバムは新鋭ミュージシャンを紹介するサイトClub Del Discoに選ばれ、日本でも2枚のコンピレイションアルバム『bar buenos aires』『Quiet Corner』に収録された。2015年 シンガーJulián Venegasとのデュオ作『Dos Cauces』をリリース。

現在ロサリオにて活動し、2017年 Hugo Fattoruso、Carlos Aguirre、Andrés Beeuwsaert、Alexander Panizza、Lilian Sabaらと共にピアノ・フェスティバルへ出演のほか、シルク・ドゥ・ソレイユでの生演奏や、ウルグアイ各地での演奏セミナー開催など、多岐にわたり音楽交流を深めている。2018年 ピアノで自然界の音の表現を試みた作品『Solo Piano – El Amanecer De Los Pájaros』を録音し初の日本盤としてリリース。2019年12月初来日公演を各地で開催。

ピアノ・トリオ PABLO JUAREZ(パブロ・フアーレス) / Encuentros [CD]] (CLUB DEL DISCO)[御予約商品]

販売価格: 2,200円(税込)