JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホームアナログ発売予定(輸入&国内)アナログ ROY BROOKS(ds) / Understanding (3LP) [REAL TO LEEL]
商品詳細
ドラマー、ロイ・ブルックスが1970年に残した熱いライブ!
ウディ・ショウ、セシル・マクビー、ハロルド・メイバーン等が参加名盤"Free Slave"の5ヶ月後に録音された貴重な発掘音源、まさにこれぞディープ・ジャズ!

★ゼヴ・フェルドマンと、カナダの名ジャズレーベルCellar Live のコリー・ウィーズによる「Reel to Real」レーベルからの新発見音源。
1970年ボルティモアのボールルームで行われたドラマー、ロイ・ブルックス率いるクインテットの貴重なコンサートを収録、ハードバップファンには見逃せない熱い演奏!
★ジャズをもっと聴けるようにという趣旨で発足した団体「ザ・レフト・バンク・ソサエティ」が1970年11月にボルチモアの有名なボールルームにロイ・ブルックスのグループを招聘した際の実況録音。「Reel to Real」レーベルからは1972年の同ボールルームにおける、ジャズボーカリスト、エタ・ジョーンズのライブ盤が発売されている。同ホールはダンスホールであるがゆえにメンバーが後からじっくりと音楽が楽しめるように主催者がオープンリールで録音していたもの。本作はそのテープの中から発掘された音源。
★本作の5ヶ月前に同場所で録音され「MUSE RECORDS」から発売された『Free Slave』もウディ・ショーが参加、テナーにはジョージ・コールマンを配したディープ・ジャズの傑作として人気が高い。本作も大部分の曲が20 分を超える熱演で、さらにパワーパップした当
時の若手ミュージシャンの溌溂とした演奏を聴くことができる。ロイ・ブルックスの他、ウディ・ショー(tp)、カルロス・ガーネット(ts)、ハロルド・メイバーン(p)、セシル・マクビー(ds) が参加している。
★デトロイト生まれのブルックスはユセフ・ラティーフのバンドでドラムを始め、 1959 年〜64 年にかけては、大ヒットアルバムの「ソング・フォー・マイ・ファーザー」を含め、ホレス・シルヴァーと共演を重ねた。 1963 年にリーダー作を発表、その後はフリーランスのドラマーとして1960 年代から1970 年代初頭にかけてニューヨークで活躍。1967-70 年には再びユセフ・ラティーフと活動、その後はソニー・スティット、リー・モーガン、デクスター・ゴードン、チェット・ベーカー、チャールズ・マクファーソン、ファラオ・サンダース等と共演し人気を博した。
★ LP はケヴィン・グレイによるオリジナルのアナログテープからのマスタリングで分厚いサウンドが楽しめる。LP、CD に付属のオリジナルブックレットには貴重な写真、カルロス・ガーネット、セシル・マクビーへのインタビュー等が収められています。

メンバー:Roy Brooks (drums), Woody Shaw (trumpet), Carlos Garnett (tenor saxophone), Harold Mabern (piano), Cecil McBee (bass)
Roy Brooks captured live by the Left Bank Jazz Society at The Famous Ballroom in Baltimore, MD on November 1, 1970.

(LP 1)
Side A: Prelude To Understanding (22:13)
Side B: Understanding (20:17)
(LP 2)
Side A: Billie’s Bounce (21:04)
Side B: Zoltan (24:04)
(LP 3)
Side A: Taurus Woman (17:39)
Side B: Taurus Woman Continuation, The Theme (20:33)

(REAL TO LEEL/EU) 3LP 180g重量盤 7/17発売予定

アナログ ROY BROOKS(ds) / Understanding (3LP) [REAL TO LEEL][御予約商品 2021/7月17発売予定]

販売価格: 10,000円(税込)
数量: