JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホーム国内盤CDリコメンズ!LEX JASPER TRIO / Lex jasper [digipack]] (澤野工房)
商品詳細
ピアノ美に満ちた、豊かな欧州的情緒が心を揺さぶる!曲に秘められた蜜のような甘さが、ゆるやかな時間の中で染み込んでくるような感覚。至福の時間をあなたにお届けします。

オランダのピアニストって、大まかないい方になリますが、明るくスイングする人が多くて、私シンパシーを持って聴いています。例えば、ピム・ヤコブスにルイス・ヴァン・ダイク。澤野工房でいえば、このレックス・ジャスパー、ヨス・ヴァン・ビーストもその系統ですね。本作はドラムなし、ギター、ベースとのトリオ盤。室内楽的というか、よリ親密で、メロディの際立つピアノが聴けるように思います。

オープニングの(1)から、ざくざくと力強くスイング。ブルージーな演奏で聴き手をジャズな気分にさせてくれます。続く(2)も自作曲、こちらは速いテンポのボサノバです。そういえば、作曲も魅力的なジャスパー。この中では私、後半(8)の「マイ・ディア・エレイン」が一番の名曲だと思いました。

冒頭にわずか5、6秒の、でもとても耳を引くフレーズの付いたワルツです。英国のシンガー、エレイン・デルマーに捧げられた曲とのこと。流れるようなリズムに乗つたピアノが実に愛らしいです。次曲(9)はバカラックの名曲。(10)は本作のタイトル曲、途中に出てくる3人の掛け合いも見事です。
少し戻って、(5)はソロかな?と思うくらい導入が長い曲。ジミー・ウェッブ作の(6)と共に優しい音色のピアノが印象に残リます。全14曲で54分ちょっと。短めの曲が並ぶ、なんともインティメイトなトリオ作品です。

これはもう3人のジャズメンによる『ハッピー・トーク』ですね。どうぞお楽しみください。

Text by 神尾 孝弥氏


Lex Jasper : piano
Frans van Geest : bass
Vincent Koning : guitar

1.Picture Yourself in Paris
2.A Happy Conclusion
3.People Will Say We’re In Love
4.For KTB
5.Where Is Love
6.Betsy & Louis
7.How About You
8.My Dear Elaine
9.This Guy's in Love with You
10.Happy Talk
11.So Convincingly
12.That Old Feeling
13.Didn’t We

(澤野工房) (2022年6月10日発売)

LEX JASPER TRIO / Lex jasper [digipack]] (澤野工房)

販売価格: 2,640円(税込)
数量: