JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホームアナログ発売予定(輸入&国内)アナログ CHARLES LLOYD / Manhattan Stories [180g重量盤2LP]] (RESONANCE)
商品詳細

チャールス・ロイド、1965年NYCでの貴重なライブ音源!180g重量盤、リマスタリング限定再プレスで登場!

 

★ 1965 年にNYの異なる二ヵ所で収録された貴重なライブ音源。レゾナンスレコードから180g 重量盤、限定プレスで再登場!

★チャールス・ロイドは、1965年にキャノンボール・アダレイ・セクステットを退団し、3月と5月に米コロムビアへ2枚目のリーダー作『OfCourse, Of Course』を録音。そのメンバーは、ロイド、ガボール・ザボ、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスという豪華な顔触れでしたが、同年10月には同じくコロムビアへ、今度はザボ、アルバート・スティンソン、ピート・ラロカというメンバーで録音。 これらのセッションは、レコーディングのために集められたメンバーによるものかと思われていましたが、この音源の発掘、登場により、実は、似たメンバーでライヴ活動も行っていたことが明らかになりました。

★本作はそのメンバーでライブ活動を行っていた時期にミッドタウンにあるコンサートホール「ジャドソン・ホール」、そしてイースト・ヴィレッジにある「スラッグス」という二ヵ所の全く雰囲気の違う場所で録音された興味深い音源を収録したもの。

★ 2014 年にCDとLP が発売されましたが、Resonance Records ならではの復刻で、収録された資料からジャドソン・ホール、スラッグスの当時の雰囲気の違いが鮮やかに蘇ります。また詳しい解説や、ロイドのインタビューでは、当時を回想したコメント等も掲載。60年代半ばのジャズシーンを伝えてくれます!LPのリマスタリングはケヴィン・グレイ。

 

Charles Lloyd (sax, fl), Gábor Szabó (g), Ron Carter (b), Pete La Roca Sims (ds)

Live at Judson Hall, NYC, September 3, 1965 Live at Slugs’ Saloon, NYC, 1965 Disc One

(Live at Judson Hall, NYC, September 3, 1965)

Side A 1. Sweet Georgia Bright (17:49) 2. How Can I Tell You (11:57)

Side B 1. Lady Gabor (12:50)

Disc Two (Live at Judson Hall, NYC, September 3, 1965)

Side C 1. Slugs’ Blues (12:57) 2. Lady Gabor (13:53)

Side D 1. Dream Weaver (15:25)

(RESONANCE/USA) 180g重量盤 2LP 7月17日発売


アナログ CHARLES LLOYD / Manhattan Stories [180g重量盤2LP]] (RESONANCE)[御予約商品 2021/7月17日発売予定]

販売価格: 7,800円(税込)
数量: