JAZZミュージック専門店です。コアな掘り出し物からスタンダードまで、JAZZのCD・LPはおまかせ!





ホーム輸入CD&DVD入荷予定!SONNY ROLLINS / Freedom Weaver: The 1959 European Tour Recordings [3CD]] (RESONANCE/KING INTERNATIONAL)
商品詳細
★サキソフォンの巨人、ソニー・ロリンズが1959年のヨーロッパツアーに残した貴重なライブ音源。ベースのヘンリー・グライムス、ドラムスは ピート・ラロッカ、ケニー・クラーク、そしてジョー・ハリスと共演した1959年ヨーロッパ・ツアーの録音 。以前は海賊盤としてのみ市場に出ていたが、本作はソニー・ロリンズ本人の協力による初の公式リリース、3枚組CDで登場。

★1969年3月、ソニー・ロリンズはストックホルム(スウェーデン)、チューリッヒ(スイス)、ラーレン(オランダ)、フランクフルト(ドイツ)、ストックホルム(ソードラ劇場、スウェーデン)、エクサン・プロバンス(フランス)の各地を演奏旅行した。ベースのヘンリー・グライムスがすべてのセットを通じて参加しているが、ツアー日程は過酷で、途中バンドメンバーとの間に意見の相違などもあり、ドラムはピート・ラロッカからジョー・ハリスに交代、フランスではケニー・クラークがドラムを務めている。
メンバーが変わった詳しいいきさつ等が収められたジャズ評論家兼作家のボブ・ブルーメンソールによるエピソードは読み物としても大変興味深い。1955年初めに医療施設に入り、同年末、復帰しその後4年間にわたる演奏活動をしたロリンズの第二期時代の作品である。この1959年ヨーロッパツアーの後、ロリンズは一旦引退して1962年に有名なアルバム「橋」でカムバックすることになる。

★収録曲はお馴染みの曲ばかりで、冒頭の『セントトーマス』はストックホルムのクラブ「ナレン」で行った演奏、力強いプレイを展開している。続く6曲はラジオ放送のために演奏された曲で、ロリンズ本人による解説が曲の頭に収録されている。また、このツアーで最も幸せな日々を過ごしたと語るフランス滞在時のクラブでの長尺な演奏がアルバム後半に収められている。
CD1のM8ではストックホルムTV局での短いインタビューが収められており「自分は成熟した創造者ではなく、まだ発展途上のプレーヤーに過ぎない。」と語っているのも興味深い。

★付属のブックレットにはエド・ヴァン・デル・エルスケン、ジャン=ピエール・ルロア、ボブ・ペアレントらによる貴重な写真を収録。また、ジャズ評論家兼作家のボブ・ブルーメンソールによる詳細な解説の他、1959年のこのヨーロッパツアーを回想したソニー・ロリンズ本人が語った貴重なインタビューも収録されている。このツアーの後に一旦引退することになった心境も語られている。
その他、いかにソニーロリンズが偉大なプレーヤーであるかを語った、ブランフォード・ マルサリス、ジェームス・カーター、ジョー・ロバーノ、ジェームス・ブランドン・ルイス、ペーター・ブロッツマン等によるインタビューも収録。マスタリングは伝説のエンジニアバーニー・グランドマン。過去の海賊盤の音質から大幅な改善がなされている。日本仕様盤のみ、英文ブックレットを完全翻訳し、読み物としても大変貴重な日本語ブックレット(全36頁)が付属。

★英文オリジナルライナーノーツの完全翻訳はマイルス、コルトレーン、パーカー等の単行本翻訳で定評のある、川嶋文丸氏。日本語解説はジャズ評論家、岡崎正通氏。

(CD 1)
1. St. Thomas (7:32) – Nalen Stockholm, March 2, 1959
2. There Will Never Be Another You (5:52) – Stockholm, Sweden, March 4, 1959
3. Stay As Sweet As You Are (4:41) – Stockholm, Sweden, March 4, 1959
4. I’ve Told Every Little Star (4:52) – Stockholm, Sweden, March 4, 1959
5. How High The Moon (10:46) – Stockholm, Sweden, March 4, 1959
6. Oleo (6:00) – Stockholm, Sweden, March 4, 1959
7. Paul's Pal (9:30) – Stockholm, Sweden, March 4, 1959
8. Sonny Rollins Interview (1:54) - Sodra Teatern, Stockholm, Sweden, March 4, 1959
9. It Don’t Mean A Thing #1 (4:54)* - Sodra Teatern, Stockholm, Sweden, March 4, 1959
10. Paul’s Pal #2 (7:00)* - Sodra Teatern, Stockholm, Sweden, March 4, 1959
11. Love Letters (5:34)* - Sodra Teatern, Stockholm, Sweden, March 4, 1959

(CD 2)
1. I Remember You (6:50) - Zürich, Switzerland, March 5, 1959
2. I’ve Told Every Little Star #2 (6:33) - Zürich, Switzerland, March 5, 1959
3. It Could Happen To You (3:27) - Zürich, Switzerland, March 5, 1959
4. Oleo #2 (3:15) - Zürich, Switzerland, March 5, 1959
5. Will You Still Be Mine? (4:16) - Zürich, Switzerland, March 5, 1959
6. I’ve Told Every Little Star #3 (4:26) – Laren, Holland, March 7, 1959
7. I Want To Be Happy (4:08) – Laren, Holland, March 7, 1959
8. A Weaver Of Dreams (4:12) – Laren, Holland, March 7, 1959
9. It Don’t Mean A Thing #2 (4:31) – Frankfurt, Germany, March 9, 1959
10. Cocktails For Two (4:58) – Frankfurt, Germany, March 9, 1959
11. I’ve Told Every Little Star #4 (5:54) – Frankfurt, Germany, March 9, 1959
12. I Want To Be Happy #2 (5:15) – Frankfurt, Germany, March 9, 1959

(CD 3)
1. Woody ‘n’ You (15:54)** – Aix-En-Provence, France, March 11, 1959
2. But Not For Me (17:39)** – Aix-En-Provence, France, March 11, 1959
3. Lady Bird (18:49)** – Aix-En-Provence, France, March 11, 1959

メンバー:
Sonny Rollins (tenor saxophone)
Henry Grimes (bass)
Pete La Roca, Joe Harris*, Kenny Clarke**(drums)
(Recorded)
Stockholm, Sweden, March 4, 1959
Sodra Teatern, Stockholm, Sweden, March 4, 1959
Zürich, Switzerland, March 5, 1959
Laren, Holland, March 7, 1959
Frankfurt, Germany, March 9
Aix-En-Provence, France, March 11, 1959

(RESONANCE RECORDS/KING INTERNATIONA) KKJ-23
4輸入盤・日本語帯・解説、原文解説完全翻訳ブックレット付(全16頁)


SONNY ROLLINS / Freedom Weaver: The 1959 European Tour Recordings [3CD]] (RESONANCE/KING INTERNATIONAL)[御予約商品 2024/04/26]

販売価格: 4,800円(税込)
数量: